父親の趣味は宝くじ

ビル

私が今までに一度も宝くじを購入したことがない理由は父にあると言えます。
私の父親は宝くじが趣味といってもいいくらい毎回必ずという程購入し当選番号をチェックしています。
私が物心をついてからずっと現在まで続いていて、当選した一番高い金額が1万円なのですから、損している金額の方が圧倒的に多いのです。
そもそもギャンブルというものはえてして胴元が儲かるもので宝くじだって同様です。
慈善事業ではないのですから、当たる人より当然外れる人が多いのです。
1等の1億円というのは宝くじを買って外れた人が支払った金額であり、その総額を考えると当たる気がしません。
夢がないといわれますが男性より女性の方がリアリストなので宝くじは当たらないものと私は認識しています。


Menu

最新情報